結婚式節約方法

新郎新婦

どんな規模のものを選んだとしても、結婚式をあげるからにはそれなりの費用がかかることから、できる限り費用を抑えたいと思う人は多いものです。

結婚式の節約方法としてまず第一に、挙式の時期を選ばないのであればオフシーズンに行うということがあげられます。

式場を借りる時期によっても費用は大きく異なります。

高い時期にわざわざ挙式をするのではなく、安い時期を選ぶことにより、式場代は半額以上抑えられるケースも見られます。

結婚式で人気となる季節は、涼しく過ごしやすい春と秋です。

この時期は基本料金が高くめに設定してあることがほとんどですが、反対に夏や冬は同じ内容の結婚式を挙げたとしても、料金は安めに設定されています。

この時期を狙うことで、大幅な節約につながります。

そして式場にこだわらないのであれば、お得なキャンペーンを行っているところを選んでみるのも一つの手段といえます。

フレンチの試食が無料だったり、好きなオプションが三つまで無料、挙式料のみ半額など、式場により行っているキャンペーンは様々。

式場

この中でも大幅な費用の節約となるものは、建設途中の式場に予約を入れるというものです。

このケースはオープン前であるため式場の見学をすることができず、パンフレットでの情報しかありません。

そのため代わりに200万円までの保証が付くなど、通常のキャンペーンとは異なった内容となっています。

オープンしたばかりのきれいな式場で式を挙げることができるため、細かい部分はあまりこだわらないというのであれば、活用してみると良いでしょう。

そして結婚式を挙げる際に大きな費用がかかるものが衣装代です。

衣装は一式レンタルすると二人分で約100万円以上かかることが多く、その中でも特にウエディングドレスや装飾品などは高額になります。

ウエディングドレスや装飾品をレンタルするのではなく自分で用意することにより、その分の費用を浮かせることができるでしょう。

近年では様々なオークションサイトが登場していますが、このようなものを利用すればウエディングドレスが3万円ほどで購入できるなど格安で手に入れることができるでしょう。

ウェディングドレスとスーツ

ウエディングドレスに中古の商品はいやだという場合には、5万円ほどからウエディングドレスをオーダーすることも可能です。

どちらにしても式場でのレンタルをしないこととなり、大幅な節約となるでしょう。

そして自分で手作りできるものは手作りすることにより、その費用を大幅に浮かすことができるでしょう。

節約だけではなく、手作りの温かい印象を与えることもできます。

しかし衣装もそうですが、式場によっては持ち込み料が発生するケースもあるので、持ち込み料がかかるかどうかは事前に確認の上、行うようにしましょう。

ほかにもフラワーシャワーに造花を使ったり、ウエルカムボードやペーパーアイテムの自作、ケーキの飾りつけを持参。

このような工夫をすることで、プランナーに何万円もかけて依頼するよりも大幅に費用の節約につながるでしょう。