退職祝い費用の予算の決め方

電卓とお金

長年勤めてきた会社を退職する人には、感謝の気持ちも込めて退職祝いを送るといいでしょう。

感謝の気持ちを表すような心のこもったものであれば、どんな物でも喜んでもらえるはずです。

退職祝いを渡すのであれば、予算を決めて贈り物を決めなくてはなりませんが、どのくらいの費用を準備すればいいのでしょうか。

費用に関しては、誰に渡すかによって決めていくようにしなくてはなりません。

例えば、同僚や友人などに渡すのであれば、相場は3000円から5000円程度ですので、そのくらいの金額で準備をすれば問題ないでしょう。

しかし同僚とはいっても、今までほとんど話をした事もなければ、接点もまったくないというような相手の場合は、無理にこの金額で準備する必要はありません。

もう少し予算を少なくして準備してもいいですので、気持ちほどのお祝いをした方が、相手にも気を使われなくてもすみます。

ほとんど接点がない相手から、高額なプレゼントをもらったとしても、もらう方としても恐縮してしまう事になりますし、どうしたらいいのかと戸惑わせてしまう事になります。

相手に気を使わせない為には、相手との関係性を重視してあまり相場にこだわり過ぎない方がいいでしょう。

電卓

もしも相手が今までお世話になってきた上司などだった場合は、いくらくらいが無難でしょうか。

あまりにも低い予算であれば、相手に失礼になりますので気をつけなくてはなりません。

上司に用意するのであれば、5000円から10000円程度で考えておくといいでしょう。

予算的な面から考えて、あまり高価な物を渡せそうにないと感じるのであれば、1人で準備する必要はありません。

上司などに準備する場合には、部下一人一人が準備するよりも、みんなでお金を出し合って高価な物をプレゼントすることも可能です。

それならば、1人5000円の予算だったとしても、10人合わせて購入すれば50000円準備出来る事になりますので、高価な物を渡すには十分な費用になるともいえます。

両親が退職する場合には、10000円から30000円程度の費用を準備してもいいでしょう。

海外旅行

両親の場合の費用に関しても、兄弟姉妹でお金を出し合っていれば、かなりの費用を準備することも出来るので、両親に海外旅行をプレゼントすることも出来るはずです。

どのくらい準備すればいいかは、相手との関係性や、周囲と足並みをそろえる事を基準に考えておけば、失敗がありません。

会社の同僚や上司の場合には、1人だけ周囲と足並みをそろえていないのはあまり印象が良くありません。

みんなでまとめて渡さないのであれば、周囲にこっそりいくらくらいで準備するのかを聞いてみておくといいでしょう。

現金で渡すわけではありませんので、金額は相手にわかりにくい部分でもありますが、1人だけ明らかにずれていればすぐにわかってしまいます。

気持ちよく退職してもらう為にも、予算の決め方には注意しておきましょう。