フラーズ ビール・発泡酒

パブ

イギリスやアイルランドでパブ文化が根付いていますが本場のパブに出かけた経験がある方ならパブの中の独特のビールの香りは忘れられないものになります。

パブの中には香ばしい香りが充満していて、お酒が強くない方であれば、その香りで酔ってしまうのではないかと感じるほどです。

フラーズはイギリスにある家族で経営を営んでいる醸造所になります。

ヨーロッパではパブでお酒を楽しむ文化の歴史は長いため100年以上ビールの製造を継続している醸造所です。

そしてフラーズはイギリスにおよそ360店舗ぐらいのパブを持っています。

ですのでイギリスにあるパブに入ったときにはパブの中にフラーズのビールと同じような香りが満ち溢れているかも知れません。

ロンドンプライド

フラーズ醸造所ではたくさんの種類の商品を提供していますが、その中の1つにロンドンプライドという商品があります。

紳士的な洗練されたデザインのボトルとなっていて赤い色がベースとなっているため迫力があるのです。

いかにもといったイギリスの雰囲気を感じさせてくれるラベルのデザインになります。

ロンドンプライドのボディーの色はキャラメル色で儚く消える発泡酒のような泡立ちです。

軽く麦をローストした香りやキャラメルの様に甘みがある香りがします。

これぞイングランドという雰囲気のコクがあり時間をかけてゆっくりと楽しむのに最適です。

口に含むと香ばしい麦の味わいが広がって舌に苦味が残ります。

ナッツ

しっかりとした味わいのビールなので食事と共に楽しむよりはスナック菓子やナッツなどといった軽めな肴と合わせるのがお薦めです。

ネット通販ショップや酒屋などで500ミリリットルのボトルを、およそ350円ぐらいで買うことができます。

フラーズの色んな種類の商品を試してみれば試してみるほど長い歴史を感じることができます。

ヨーロッパの長い歴史から理解できるように何に関しても最先端だったということが分かります。

ESB

商品の中にはESBというものも用意されています。

ESBとはエクストラ・スペシャル・ビールという言葉の頭文字をとったものです。

ESBのボディーの色はレンガ色をしていて泡はわずかに立つ程度ですぐに消え去ってしまうため発泡酒に似たシルエットとなります。

そして栓を抜いた瞬間にフルーツの様な甘い香りがほんのりと広がるのです。

味わいはイングリッシュエールの独特な苦味が口の中に広がりますが多少フルーティーな後味がします。

イングリッシュエールの持つクセによって好きな人は好きですが人によっては苦手に感じる人も出てくるかも知れません。

独特な味わいなので食事と一緒に飲むよりはビールだけでゆっくりと飲む方が美味しく感じられます。

そしてアルコールの含有量が5.9パーセントと多めなので飲み過ぎには注意が必要です。

フラーズでは様々な種類の商品を提供していますが日本の発泡酒に当てはまる商品は販売していません。

主成分に混ぜ物をして麦芽の割合を減らしてもイギリスでは課税される税金に差は生じないためです。