結婚式のペーパーアイテムを格安で探すコツ

セール

結婚式はペーパーもおしゃれに可愛くこだわりたい!

でも実際に調べて見たらペーパーにかかる費用って意外と高い・・・・。そんな経験はないでしょうか?

結婚式場で提案されたデザインの中から選ぶというのが手っ取り早いといえばそうなのですが、人生で何度もない大切な結婚式ですので、細部まで自分の思う様にプランを組み立てたいですよね。

しかもなんと、式場でペーパーを作る場合と自分で作る場合で、値段の差が7万円~多くて20万円ほど出るのです。

結婚式場に新しく「こっちのデザインがいい」などと他のお店や会社のものを持ち込むと「持ち込み料」が発生する場合があるのですが、ほとんどの場合ペーパーアイテムなら持ち込み料が発生しません。

手間は手間かもしれないけれど、自分の好きな様に考えることができて値段も断然安いなら、ペーパーアイテムを自分で探したり作ったりした方が良いですよね。

しかし、結婚式場が提案してくれたものならなんのミスもない正しいものが出来上がるだろうけど、自分でってなるとどこかでミスをしてしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

招待状

そんな方に、結婚式のペーパーアイテムの探し方をご紹介します。

自分で作るペーパーアイテムといえば、

  • 招待状
  • 席札
  • 席次表
  • サンキュータグ
  • フォトアイテム(プロップス)

などが王道です。

特に招待状は初めて公に結婚を報告する幸せの手紙ですので、力を入れたいと思う人が多いでしょう。

自分でデザインするか、または無料でダンロードできるテンプレートもありますので、ここでかかる費用は用紙代のみです。

紙の素材については式場や文具屋さんで話を聞いて、ネットで買うのが一番安くすみます。

披露宴での紙製小物アイテム(記念写真用など)は、キットが安くていいものがネットやDIYショップにもあります。

さらに家にある画用紙に無料テンプレートを印刷したものを切りはりするだけでも素敵に出来上がるので、格安になります。

家庭用プリンターの性能にもよりますが、家庭用のプリンターがたまり性能が用なくて、コンビニとかで印刷しようかという人は、キットを買った方が最終的には安くすみますし、やはり手間も省けるのでお勧めです。

検索

また、ペーパーを自分で作るのが不安な方のために、式場より格安で作成してくれるプロの業者があります。

一つ一つの部品を買ったりすると、

  • それぞれのアイテムは可愛いけど雰囲気が統一できてない・・・
  • 自分で手作りする時間はないかも・・・

というかたは、ペーパーアイテム専門の業者をネットで調べて見てください。

検索サイトでトップに出てくるものは、やはりプロということもあってデザインも豊富です。

デザイナーに希望を言って作ってもらえるものもあるのにも関わらず、やはりどこも式場に頼むよりも安くなっていました。

イメージを統一するか、こだわりたいフォトアイテムのみ自分で作るかなど、すべてあなたの自由です。

時間と自分の希望が一番かなうのはどの方法か、ぜひ上の文を参考にして考えてください。

結婚式節約方法

新郎新婦

どんな規模のものを選んだとしても、結婚式をあげるからにはそれなりの費用がかかることから、できる限り費用を抑えたいと思う人は多いものです。

結婚式の節約方法としてまず第一に、挙式の時期を選ばないのであればオフシーズンに行うということがあげられます。

式場を借りる時期によっても費用は大きく異なります。

高い時期にわざわざ挙式をするのではなく、安い時期を選ぶことにより、式場代は半額以上抑えられるケースも見られます。

結婚式で人気となる季節は、涼しく過ごしやすい春と秋です。

この時期は基本料金が高くめに設定してあることがほとんどですが、反対に夏や冬は同じ内容の結婚式を挙げたとしても、料金は安めに設定されています。

この時期を狙うことで、大幅な節約につながります。

そして式場にこだわらないのであれば、お得なキャンペーンを行っているところを選んでみるのも一つの手段といえます。

フレンチの試食が無料だったり、好きなオプションが三つまで無料、挙式料のみ半額など、式場により行っているキャンペーンは様々。

式場

この中でも大幅な費用の節約となるものは、建設途中の式場に予約を入れるというものです。

このケースはオープン前であるため式場の見学をすることができず、パンフレットでの情報しかありません。

そのため代わりに200万円までの保証が付くなど、通常のキャンペーンとは異なった内容となっています。

オープンしたばかりのきれいな式場で式を挙げることができるため、細かい部分はあまりこだわらないというのであれば、活用してみると良いでしょう。

そして結婚式を挙げる際に大きな費用がかかるものが衣装代です。

衣装は一式レンタルすると二人分で約100万円以上かかることが多く、その中でも特にウエディングドレスや装飾品などは高額になります。

ウエディングドレスや装飾品をレンタルするのではなく自分で用意することにより、その分の費用を浮かせることができるでしょう。

近年では様々なオークションサイトが登場していますが、このようなものを利用すればウエディングドレスが3万円ほどで購入できるなど格安で手に入れることができるでしょう。

ウェディングドレスとスーツ

ウエディングドレスに中古の商品はいやだという場合には、5万円ほどからウエディングドレスをオーダーすることも可能です。

どちらにしても式場でのレンタルをしないこととなり、大幅な節約となるでしょう。

そして自分で手作りできるものは手作りすることにより、その費用を大幅に浮かすことができるでしょう。

節約だけではなく、手作りの温かい印象を与えることもできます。

しかし衣装もそうですが、式場によっては持ち込み料が発生するケースもあるので、持ち込み料がかかるかどうかは事前に確認の上、行うようにしましょう。

ほかにもフラワーシャワーに造花を使ったり、ウエルカムボードやペーパーアイテムの自作、ケーキの飾りつけを持参。

このような工夫をすることで、プランナーに何万円もかけて依頼するよりも大幅に費用の節約につながるでしょう。