フラーズ ビール・発泡酒

パブ

イギリスやアイルランドでパブ文化が根付いていますが本場のパブに出かけた経験がある方ならパブの中の独特のビールの香りは忘れられないものになります。

パブの中には香ばしい香りが充満していて、お酒が強くない方であれば、その香りで酔ってしまうのではないかと感じるほどです。

フラーズはイギリスにある家族で経営を営んでいる醸造所になります。

ヨーロッパではパブでお酒を楽しむ文化の歴史は長いため100年以上ビールの製造を継続している醸造所です。

そしてフラーズはイギリスにおよそ360店舗ぐらいのパブを持っています。

ですのでイギリスにあるパブに入ったときにはパブの中にフラーズのビールと同じような香りが満ち溢れているかも知れません。

ロンドンプライド

フラーズ醸造所ではたくさんの種類の商品を提供していますが、その中の1つにロンドンプライドという商品があります。

紳士的な洗練されたデザインのボトルとなっていて赤い色がベースとなっているため迫力があるのです。

いかにもといったイギリスの雰囲気を感じさせてくれるラベルのデザインになります。

ロンドンプライドのボディーの色はキャラメル色で儚く消える発泡酒のような泡立ちです。

軽く麦をローストした香りやキャラメルの様に甘みがある香りがします。

これぞイングランドという雰囲気のコクがあり時間をかけてゆっくりと楽しむのに最適です。

口に含むと香ばしい麦の味わいが広がって舌に苦味が残ります。

ナッツ

しっかりとした味わいのビールなので食事と共に楽しむよりはスナック菓子やナッツなどといった軽めな肴と合わせるのがお薦めです。

ネット通販ショップや酒屋などで500ミリリットルのボトルを、およそ350円ぐらいで買うことができます。

フラーズの色んな種類の商品を試してみれば試してみるほど長い歴史を感じることができます。

ヨーロッパの長い歴史から理解できるように何に関しても最先端だったということが分かります。

ESB

商品の中にはESBというものも用意されています。

ESBとはエクストラ・スペシャル・ビールという言葉の頭文字をとったものです。

ESBのボディーの色はレンガ色をしていて泡はわずかに立つ程度ですぐに消え去ってしまうため発泡酒に似たシルエットとなります。

そして栓を抜いた瞬間にフルーツの様な甘い香りがほんのりと広がるのです。

味わいはイングリッシュエールの独特な苦味が口の中に広がりますが多少フルーティーな後味がします。

イングリッシュエールの持つクセによって好きな人は好きですが人によっては苦手に感じる人も出てくるかも知れません。

独特な味わいなので食事と一緒に飲むよりはビールだけでゆっくりと飲む方が美味しく感じられます。

そしてアルコールの含有量が5.9パーセントと多めなので飲み過ぎには注意が必要です。

フラーズでは様々な種類の商品を提供していますが日本の発泡酒に当てはまる商品は販売していません。

主成分に混ぜ物をして麦芽の割合を減らしてもイギリスでは課税される税金に差は生じないためです。

ビールと発泡酒の違いって?

ビール

ビールと発泡酒の違いが何かはっきりと分からない人も世間では少なくありません。

ではこの二つの違いは具体的に何なのでしょうか。

まずビールは酒税法による定義では麦芽を原料の3分の2以上使用している事と使用原料には麦芽や麦のホップ、米やとうもろこし、でんぷんという事が設けられています。

そして麦芽を酵母でアルコール発酵させて作ったアルコール分が20度未満の飲み物の事をいいます。

つくるには値段の高い麦芽を沢山使用しなければならないので、比較的高い値段になります。

一方の発泡酒の定義は麦芽を原料の3分の2未満しか使っていない事と、様々な原料を使用しているという事が設けられています。

そして麦芽や麦を原料として作り、アルコール分が20度未満の発泡性があるお酒を一般的に呼んでいます。

乾杯

元々ビールが若い人から苦いという理由で消費量が大きく減ってしまった時期に、メーカーがもっと親しんでもらおうとしてつくられたものです。

苦味の原因でもある麦芽やホップが少ない為、すっきりとした飲みやすさから一気に広がりました。

そして麦芽やホップ以外にも大麦や米、コーンスターチや糖類などからも作る事が出来るので、メーカーは様々な加工や処理方法を生み出し機能性をアップさせて商品を次々と発売しています。

例えば糖質オフやゼロにしたものや痛風の原因とも言われているプリン体を取り除いた商品、さらにはカロリーを大幅にカットした飲み物まであります。

当然これら二つを比べると値段も違います。酒税は発泡酒の方が安い為、一本辺りの値段にも反映します。

ビールに比べて発泡酒の値段は3分の2ぐらいに抑えられているので、若い人や経済的に苦しい人は安い方を飲む人が多いです。

カロリーも比較してみると、一本辺りのカロリーはそれ程どちらとも変わらないです。

おなかをつかむ女性

ただ中には糖質やプリン体、カロリーを大幅にカットした商品も沢山出ていますので、ダイエットしている人はこちら側に流れるというケースもあります。

もちろんいくら糖質やプリン体、カロリーをカットしたものを飲んでいても、食事やおつまみを沢山食べてしまってはあまり意味はありません。

このようにビールが苦い事や麦芽を沢山使用している為に値段が高くなってしまい、その結果安い発泡酒が生まれ、さらに発展して色々な商品が生まれていますが、どちらの方が優れているという事は言えません。

それぞれの作り方に違いがありメリットとデメリットがありますのでうまく両方を飲み分けていくと良いです。

例えば今日は給料日だから贅沢に麦芽100パーセントのビールで苦味や深み、コクをじっくりと味わおうとするのも良いですし、今はダイエットをしているからカロリーオフの発泡酒にしようとするのも良いです。

もちろんいくら様々な物がカットされていたとしても飲みすぎてしまっては意味はありませんので体調やお財布の中身を考えながらどちらを飲むかを決めるのが賢い選択です。

ビールは太る?太らないビールの飲み方

太ったおなか

お酒の中でもビールは太るイメージがとても強いのですが、実際にカロリーが高めですので太りやすいのは事実です。

缶ビールでも約140Kcalありますし、中ジョッキになると210Kcalもあります。

お酒のカロリーは含まれるアルコールによって変わりますので、アルコール度数の高いお酒はカロリーも高くなることを覚えておかなければなりません。

また、他のお酒と違って一気にたくさんの量を飲んでしまうことが多いのもカロリーオーバーになる原因であり、ジョッキ5杯分飲めばそれだけで1000Kcalを超えてしまいます。

食欲を増進させることも太ることにつながりますので、おつまみをたくさん食べている人は要注意です。

炭酸飲料と相性が良いのが唐揚げのように油を使った料理ですので、おつまみ自体が高カロリーであることも大きく関係しています。

塩気の強い食べ物との良相性も良く、濃い味のおつまみをどんどん食べてビールをたっぷりと飲めば、誰でも太りやすくなるのは当然の話です。

飲み方次第

基本的には太る飲み物ではありますが、飲み方次第では太るのを防ぐことも可能です。

まず最初に見直したいのはおつまみの種類であり、できるだけヘルシーなものを選ぶようにします。

油ものではなく高タンパク質のササミや豆腐などがおすすめであり、よく噛んで食べなければならないものを取り入れると代謝がアップします。

食物繊維の多いキノコ類や野菜は血糖値の上昇を緩やかにしてくれますので、高カロリーのビールを飲んでも体脂肪がつきにくくなります。

イカもおつまみではよく出てきますが、しっかりと噛まないと飲みこめませんので食べ過ぎを防げます。

世間では食べる順番を変えるダイエットも流行っていますが、ビールを飲む前に食物繊維のおつまみを食べると太りにくくなります。

おつまみの食べ方が分かったところで、あとは飲む量も見直さなければなりません。

ビール

ついつい飲み過ぎてしまう人も多いのですが、飲んだ量がそのままカロリーアップにつながって太りますので、あらかじめその日に飲む分を決めておくのも一つの方法です。

外食すると飲み終えたグラスを下げられてしまいますのでどの位飲んだのかを把握しにくくなり、結果的に飲み過ぎてしまいます。

自宅で飲む場合には飲む分だけを出しておいたり、飲み終えた缶や瓶を目の前に並べておくことで心理的な作用によってセーブできます。

最近ではノンアルコールの商品も続々と登場していますが、ノンアルコールを利用すればカロリーはかなり抑えられます。

どの商品を選んでも350mlで100Kcalを超すものはありませんので、飲み過ぎてしまいそうな日はノンアルコールも一緒に取り入れるのも効果的です。

その他にも空腹時に飲むのは太る原因になりますし、時間をかけずに一気飲みする行為も見直すべきです。

ゆっくりと飲むとトータルで飲む量が減りますので、ダイエットをしたい時には極力ゆっくり飲むようにします。