古希祝いについて

光り輝く紫

古希祝いは数え年の70歳になると行う長寿のお祝いです。唐の有名な詩人である杜甫の詩が由来になっています。

昔は短命な人も多く、人生70歳まで生きられる人は稀だったことから古希のお祝いをするようになり現在に至ります。

数え年は生まれた年を1歳と考え、元旦になると1歳ずつ年を取るという数え方です。現代の満年齢で計算すると古希は69歳になります。

古希祝いでは還暦と同様に家族や親戚などが集合してお祝いすることが多いです。お祝いの色はになります。

紫は昔から高貴な人が使う色で、そのことが長寿への敬意の表れになっています。

古希を祝う場合は、紫色にこだわって贈る人も多いです。紫には人を癒す力があると言い伝えられているので、紫のポーチなど持ち運びやすいものが好まれます。

メッセージをプレゼントに添えると個人的なお祝いの気持ちが伝わります。

古希のお祝いが終わると、すぐに喜寿のお祝いがあるので高価な贈り物をすると後が大変です。

お返しする方も負担が大きくなるので、気を使わないような軽めのお祝いの方が適しています。

最近は、インターネット上にあるオンラインショップで古希祝いのプレゼントを選ぶ人が増えています。

インターネットを利用すれば、国内外の様々なギフトの中から気に入ったプレゼントを選ぶことができます。

若い人の中には古希祝を知らない人もいます。何を贈ったらよいか迷った場合は花を贈ればお祝いの気持ちが伝わります。

紫のバラ

古希祝いの花には様々な種類がありますが、フラワーショップでは紫色の花を入れてアレンジしてくれます。

予算を伝えれば、予算に合ったフラワーギフトを作ってくれるので便利です。

古希のお祝いに相応しい花のひとつがバラです。バラの花言葉はエレガントや尊敬なので古希にはぴったりです。

70にちなんで70本のバラをプレゼントする人も多いです。バラというとピンクや赤が有名ですが、紫のバラはとても上品です。

胡蝶蘭

胡蝶蘭も根強い人気があります。

胡蝶蘭は開店祝いの贈り物としてよく知られていますが、開店祝いに好まれるのは幸福が飛んでくるという花言葉も理由のひとつです。

胡蝶蘭は1年中作られている花なので、手に入りやすいのも魅力です。長持ちするのでプレゼントした後も長く楽しむことができます。

古希のお祝いを料亭やレストランで祝う家族も多いです。

外食だと和食が人気ですが高齢な人は歯が弱くなっている人も多いため、肉などは避けた方が安心です。

料亭や懐石では長寿のお祝い用にメニューが用意されている店もあり、高齢者でも食べやすいようにメニューの調整をしてくれる店も多いです。

日本は高齢でも元気な人が多くなっていますが、持病を持っている人だと食べられるものと食べられないものがあるので、事前に把握してお店に伝えておく必要があります。

古希のお祝いは贈り物や料理も大切ですが、お祝いをする気持ちが最も大切です。贈り物を手渡すときは、気持ちをメッセージに込めて手渡すと喜ばれます。