ビールと発泡酒の違いって?

ビール

ビールと発泡酒の違いが何かはっきりと分からない人も世間では少なくありません。

ではこの二つの違いは具体的に何なのでしょうか。

まずビールは酒税法による定義では麦芽を原料の3分の2以上使用している事と使用原料には麦芽や麦のホップ、米やとうもろこし、でんぷんという事が設けられています。

そして麦芽を酵母でアルコール発酵させて作ったアルコール分が20度未満の飲み物の事をいいます。

つくるには値段の高い麦芽を沢山使用しなければならないので、比較的高い値段になります。

一方の発泡酒の定義は麦芽を原料の3分の2未満しか使っていない事と、様々な原料を使用しているという事が設けられています。

そして麦芽や麦を原料として作り、アルコール分が20度未満の発泡性があるお酒を一般的に呼んでいます。

乾杯

元々ビールが若い人から苦いという理由で消費量が大きく減ってしまった時期に、メーカーがもっと親しんでもらおうとしてつくられたものです。

苦味の原因でもある麦芽やホップが少ない為、すっきりとした飲みやすさから一気に広がりました。

そして麦芽やホップ以外にも大麦や米、コーンスターチや糖類などからも作る事が出来るので、メーカーは様々な加工や処理方法を生み出し機能性をアップさせて商品を次々と発売しています。

例えば糖質オフやゼロにしたものや痛風の原因とも言われているプリン体を取り除いた商品、さらにはカロリーを大幅にカットした飲み物まであります。

当然これら二つを比べると値段も違います。酒税は発泡酒の方が安い為、一本辺りの値段にも反映します。

ビールに比べて発泡酒の値段は3分の2ぐらいに抑えられているので、若い人や経済的に苦しい人は安い方を飲む人が多いです。

カロリーも比較してみると、一本辺りのカロリーはそれ程どちらとも変わらないです。

おなかをつかむ女性

ただ中には糖質やプリン体、カロリーを大幅にカットした商品も沢山出ていますので、ダイエットしている人はこちら側に流れるというケースもあります。

もちろんいくら糖質やプリン体、カロリーをカットしたものを飲んでいても、食事やおつまみを沢山食べてしまってはあまり意味はありません。

このようにビールが苦い事や麦芽を沢山使用している為に値段が高くなってしまい、その結果安い発泡酒が生まれ、さらに発展して色々な商品が生まれていますが、どちらの方が優れているという事は言えません。

それぞれの作り方に違いがありメリットとデメリットがありますのでうまく両方を飲み分けていくと良いです。

例えば今日は給料日だから贅沢に麦芽100パーセントのビールで苦味や深み、コクをじっくりと味わおうとするのも良いですし、今はダイエットをしているからカロリーオフの発泡酒にしようとするのも良いです。

もちろんいくら様々な物がカットされていたとしても飲みすぎてしまっては意味はありませんので体調やお財布の中身を考えながらどちらを飲むかを決めるのが賢い選択です。

結婚式のペーパーアイテムを格安で探すコツ

セール

結婚式はペーパーもおしゃれに可愛くこだわりたい!

でも実際に調べて見たらペーパーにかかる費用って意外と高い・・・・。そんな経験はないでしょうか?

結婚式場で提案されたデザインの中から選ぶというのが手っ取り早いといえばそうなのですが、人生で何度もない大切な結婚式ですので、細部まで自分の思う様にプランを組み立てたいですよね。

しかもなんと、式場でペーパーを作る場合と自分で作る場合で、値段の差が7万円~多くて20万円ほど出るのです。

結婚式場に新しく「こっちのデザインがいい」などと他のお店や会社のものを持ち込むと「持ち込み料」が発生する場合があるのですが、ほとんどの場合ペーパーアイテムなら持ち込み料が発生しません。

手間は手間かもしれないけれど、自分の好きな様に考えることができて値段も断然安いなら、ペーパーアイテムを自分で探したり作ったりした方が良いですよね。

しかし、結婚式場が提案してくれたものならなんのミスもない正しいものが出来上がるだろうけど、自分でってなるとどこかでミスをしてしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

招待状

そんな方に、結婚式のペーパーアイテムの探し方をご紹介します。

自分で作るペーパーアイテムといえば、

  • 招待状
  • 席札
  • 席次表
  • サンキュータグ
  • フォトアイテム(プロップス)

などが王道です。

特に招待状は初めて公に結婚を報告する幸せの手紙ですので、力を入れたいと思う人が多いでしょう。

自分でデザインするか、または無料でダンロードできるテンプレートもありますので、ここでかかる費用は用紙代のみです。

紙の素材については式場や文具屋さんで話を聞いて、ネットで買うのが一番安くすみます。

披露宴での紙製小物アイテム(記念写真用など)は、キットが安くていいものがネットやDIYショップにもあります。

さらに家にある画用紙に無料テンプレートを印刷したものを切りはりするだけでも素敵に出来上がるので、格安になります。

家庭用プリンターの性能にもよりますが、家庭用のプリンターがたまり性能が用なくて、コンビニとかで印刷しようかという人は、キットを買った方が最終的には安くすみますし、やはり手間も省けるのでお勧めです。

検索

また、ペーパーを自分で作るのが不安な方のために、式場より格安で作成してくれるプロの業者があります。

一つ一つの部品を買ったりすると、

  • それぞれのアイテムは可愛いけど雰囲気が統一できてない・・・
  • 自分で手作りする時間はないかも・・・

というかたは、ペーパーアイテム専門の業者をネットで調べて見てください。

検索サイトでトップに出てくるものは、やはりプロということもあってデザインも豊富です。

デザイナーに希望を言って作ってもらえるものもあるのにも関わらず、やはりどこも式場に頼むよりも安くなっていました。

イメージを統一するか、こだわりたいフォトアイテムのみ自分で作るかなど、すべてあなたの自由です。

時間と自分の希望が一番かなうのはどの方法か、ぜひ上の文を参考にして考えてください。

ビールは太る?太らないビールの飲み方

太ったおなか

お酒の中でもビールは太るイメージがとても強いのですが、実際にカロリーが高めですので太りやすいのは事実です。

缶ビールでも約140Kcalありますし、中ジョッキになると210Kcalもあります。

お酒のカロリーは含まれるアルコールによって変わりますので、アルコール度数の高いお酒はカロリーも高くなることを覚えておかなければなりません。

また、他のお酒と違って一気にたくさんの量を飲んでしまうことが多いのもカロリーオーバーになる原因であり、ジョッキ5杯分飲めばそれだけで1000Kcalを超えてしまいます。

食欲を増進させることも太ることにつながりますので、おつまみをたくさん食べている人は要注意です。

炭酸飲料と相性が良いのが唐揚げのように油を使った料理ですので、おつまみ自体が高カロリーであることも大きく関係しています。

塩気の強い食べ物との良相性も良く、濃い味のおつまみをどんどん食べてビールをたっぷりと飲めば、誰でも太りやすくなるのは当然の話です。

飲み方次第

基本的には太る飲み物ではありますが、飲み方次第では太るのを防ぐことも可能です。

まず最初に見直したいのはおつまみの種類であり、できるだけヘルシーなものを選ぶようにします。

油ものではなく高タンパク質のササミや豆腐などがおすすめであり、よく噛んで食べなければならないものを取り入れると代謝がアップします。

食物繊維の多いキノコ類や野菜は血糖値の上昇を緩やかにしてくれますので、高カロリーのビールを飲んでも体脂肪がつきにくくなります。

イカもおつまみではよく出てきますが、しっかりと噛まないと飲みこめませんので食べ過ぎを防げます。

世間では食べる順番を変えるダイエットも流行っていますが、ビールを飲む前に食物繊維のおつまみを食べると太りにくくなります。

おつまみの食べ方が分かったところで、あとは飲む量も見直さなければなりません。

ビール

ついつい飲み過ぎてしまう人も多いのですが、飲んだ量がそのままカロリーアップにつながって太りますので、あらかじめその日に飲む分を決めておくのも一つの方法です。

外食すると飲み終えたグラスを下げられてしまいますのでどの位飲んだのかを把握しにくくなり、結果的に飲み過ぎてしまいます。

自宅で飲む場合には飲む分だけを出しておいたり、飲み終えた缶や瓶を目の前に並べておくことで心理的な作用によってセーブできます。

最近ではノンアルコールの商品も続々と登場していますが、ノンアルコールを利用すればカロリーはかなり抑えられます。

どの商品を選んでも350mlで100Kcalを超すものはありませんので、飲み過ぎてしまいそうな日はノンアルコールも一緒に取り入れるのも効果的です。

その他にも空腹時に飲むのは太る原因になりますし、時間をかけずに一気飲みする行為も見直すべきです。

ゆっくりと飲むとトータルで飲む量が減りますので、ダイエットをしたい時には極力ゆっくり飲むようにします。