結婚式のペーパーアイテムを格安で探すコツ

セール

結婚式はペーパーもおしゃれに可愛くこだわりたい!

でも実際に調べて見たらペーパーにかかる費用って意外と高い・・・・。そんな経験はないでしょうか?

結婚式場で提案されたデザインの中から選ぶというのが手っ取り早いといえばそうなのですが、人生で何度もない大切な結婚式ですので、細部まで自分の思う様にプランを組み立てたいですよね。

しかもなんと、式場でペーパーを作る場合と自分で作る場合で、値段の差が7万円~多くて20万円ほど出るのです。

結婚式場に新しく「こっちのデザインがいい」などと他のお店や会社のものを持ち込むと「持ち込み料」が発生する場合があるのですが、ほとんどの場合ペーパーアイテムなら持ち込み料が発生しません。

手間は手間かもしれないけれど、自分の好きな様に考えることができて値段も断然安いなら、ペーパーアイテムを自分で探したり作ったりした方が良いですよね。

しかし、結婚式場が提案してくれたものならなんのミスもない正しいものが出来上がるだろうけど、自分でってなるとどこかでミスをしてしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。

招待状

そんな方に、結婚式のペーパーアイテムの探し方をご紹介します。

自分で作るペーパーアイテムといえば、

  • 招待状
  • 席札
  • 席次表
  • サンキュータグ
  • フォトアイテム(プロップス)

などが王道です。

特に招待状は初めて公に結婚を報告する幸せの手紙ですので、力を入れたいと思う人が多いでしょう。

自分でデザインするか、または無料でダンロードできるテンプレートもありますので、ここでかかる費用は用紙代のみです。

紙の素材については式場や文具屋さんで話を聞いて、ネットで買うのが一番安くすみます。

披露宴での紙製小物アイテム(記念写真用など)は、キットが安くていいものがネットやDIYショップにもあります。

さらに家にある画用紙に無料テンプレートを印刷したものを切りはりするだけでも素敵に出来上がるので、格安になります。

家庭用プリンターの性能にもよりますが、家庭用のプリンターがたまり性能が用なくて、コンビニとかで印刷しようかという人は、キットを買った方が最終的には安くすみますし、やはり手間も省けるのでお勧めです。

検索

また、ペーパーを自分で作るのが不安な方のために、式場より格安で作成してくれるプロの業者があります。

一つ一つの部品を買ったりすると、

  • それぞれのアイテムは可愛いけど雰囲気が統一できてない・・・
  • 自分で手作りする時間はないかも・・・

というかたは、ペーパーアイテム専門の業者をネットで調べて見てください。

検索サイトでトップに出てくるものは、やはりプロということもあってデザインも豊富です。

デザイナーに希望を言って作ってもらえるものもあるのにも関わらず、やはりどこも式場に頼むよりも安くなっていました。

イメージを統一するか、こだわりたいフォトアイテムのみ自分で作るかなど、すべてあなたの自由です。

時間と自分の希望が一番かなうのはどの方法か、ぜひ上の文を参考にして考えてください。

ビールは太る?太らないビールの飲み方

太ったおなか

お酒の中でもビールは太るイメージがとても強いのですが、実際にカロリーが高めですので太りやすいのは事実です。

缶ビールでも約140Kcalありますし、中ジョッキになると210Kcalもあります。

お酒のカロリーは含まれるアルコールによって変わりますので、アルコール度数の高いお酒はカロリーも高くなることを覚えておかなければなりません。

また、他のお酒と違って一気にたくさんの量を飲んでしまうことが多いのもカロリーオーバーになる原因であり、ジョッキ5杯分飲めばそれだけで1000Kcalを超えてしまいます。

食欲を増進させることも太ることにつながりますので、おつまみをたくさん食べている人は要注意です。

炭酸飲料と相性が良いのが唐揚げのように油を使った料理ですので、おつまみ自体が高カロリーであることも大きく関係しています。

塩気の強い食べ物との良相性も良く、濃い味のおつまみをどんどん食べてビールをたっぷりと飲めば、誰でも太りやすくなるのは当然の話です。

飲み方次第

基本的には太る飲み物ではありますが、飲み方次第では太るのを防ぐことも可能です。

まず最初に見直したいのはおつまみの種類であり、できるだけヘルシーなものを選ぶようにします。

油ものではなく高タンパク質のササミや豆腐などがおすすめであり、よく噛んで食べなければならないものを取り入れると代謝がアップします。

食物繊維の多いキノコ類や野菜は血糖値の上昇を緩やかにしてくれますので、高カロリーのビールを飲んでも体脂肪がつきにくくなります。

イカもおつまみではよく出てきますが、しっかりと噛まないと飲みこめませんので食べ過ぎを防げます。

世間では食べる順番を変えるダイエットも流行っていますが、ビールを飲む前に食物繊維のおつまみを食べると太りにくくなります。

おつまみの食べ方が分かったところで、あとは飲む量も見直さなければなりません。

ビール

ついつい飲み過ぎてしまう人も多いのですが、飲んだ量がそのままカロリーアップにつながって太りますので、あらかじめその日に飲む分を決めておくのも一つの方法です。

外食すると飲み終えたグラスを下げられてしまいますのでどの位飲んだのかを把握しにくくなり、結果的に飲み過ぎてしまいます。

自宅で飲む場合には飲む分だけを出しておいたり、飲み終えた缶や瓶を目の前に並べておくことで心理的な作用によってセーブできます。

最近ではノンアルコールの商品も続々と登場していますが、ノンアルコールを利用すればカロリーはかなり抑えられます。

どの商品を選んでも350mlで100Kcalを超すものはありませんので、飲み過ぎてしまいそうな日はノンアルコールも一緒に取り入れるのも効果的です。

その他にも空腹時に飲むのは太る原因になりますし、時間をかけずに一気飲みする行為も見直すべきです。

ゆっくりと飲むとトータルで飲む量が減りますので、ダイエットをしたい時には極力ゆっくり飲むようにします。

結婚式節約方法

新郎新婦

どんな規模のものを選んだとしても、結婚式をあげるからにはそれなりの費用がかかることから、できる限り費用を抑えたいと思う人は多いものです。

結婚式の節約方法としてまず第一に、挙式の時期を選ばないのであればオフシーズンに行うということがあげられます。

式場を借りる時期によっても費用は大きく異なります。

高い時期にわざわざ挙式をするのではなく、安い時期を選ぶことにより、式場代は半額以上抑えられるケースも見られます。

結婚式で人気となる季節は、涼しく過ごしやすい春と秋です。

この時期は基本料金が高くめに設定してあることがほとんどですが、反対に夏や冬は同じ内容の結婚式を挙げたとしても、料金は安めに設定されています。

この時期を狙うことで、大幅な節約につながります。

そして式場にこだわらないのであれば、お得なキャンペーンを行っているところを選んでみるのも一つの手段といえます。

フレンチの試食が無料だったり、好きなオプションが三つまで無料、挙式料のみ半額など、式場により行っているキャンペーンは様々。

式場

この中でも大幅な費用の節約となるものは、建設途中の式場に予約を入れるというものです。

このケースはオープン前であるため式場の見学をすることができず、パンフレットでの情報しかありません。

そのため代わりに200万円までの保証が付くなど、通常のキャンペーンとは異なった内容となっています。

オープンしたばかりのきれいな式場で式を挙げることができるため、細かい部分はあまりこだわらないというのであれば、活用してみると良いでしょう。

そして結婚式を挙げる際に大きな費用がかかるものが衣装代です。

衣装は一式レンタルすると二人分で約100万円以上かかることが多く、その中でも特にウエディングドレスや装飾品などは高額になります。

ウエディングドレスや装飾品をレンタルするのではなく自分で用意することにより、その分の費用を浮かせることができるでしょう。

近年では様々なオークションサイトが登場していますが、このようなものを利用すればウエディングドレスが3万円ほどで購入できるなど格安で手に入れることができるでしょう。

ウェディングドレスとスーツ

ウエディングドレスに中古の商品はいやだという場合には、5万円ほどからウエディングドレスをオーダーすることも可能です。

どちらにしても式場でのレンタルをしないこととなり、大幅な節約となるでしょう。

そして自分で手作りできるものは手作りすることにより、その費用を大幅に浮かすことができるでしょう。

節約だけではなく、手作りの温かい印象を与えることもできます。

しかし衣装もそうですが、式場によっては持ち込み料が発生するケースもあるので、持ち込み料がかかるかどうかは事前に確認の上、行うようにしましょう。

ほかにもフラワーシャワーに造花を使ったり、ウエルカムボードやペーパーアイテムの自作、ケーキの飾りつけを持参。

このような工夫をすることで、プランナーに何万円もかけて依頼するよりも大幅に費用の節約につながるでしょう。

退職祝い費用の予算の決め方

電卓とお金

長年勤めてきた会社を退職する人には、感謝の気持ちも込めて退職祝いを送るといいでしょう。

感謝の気持ちを表すような心のこもったものであれば、どんな物でも喜んでもらえるはずです。

退職祝いを渡すのであれば、予算を決めて贈り物を決めなくてはなりませんが、どのくらいの費用を準備すればいいのでしょうか。

費用に関しては、誰に渡すかによって決めていくようにしなくてはなりません。

例えば、同僚や友人などに渡すのであれば、相場は3000円から5000円程度ですので、そのくらいの金額で準備をすれば問題ないでしょう。

しかし同僚とはいっても、今までほとんど話をした事もなければ、接点もまったくないというような相手の場合は、無理にこの金額で準備する必要はありません。

もう少し予算を少なくして準備してもいいですので、気持ちほどのお祝いをした方が、相手にも気を使われなくてもすみます。

ほとんど接点がない相手から、高額なプレゼントをもらったとしても、もらう方としても恐縮してしまう事になりますし、どうしたらいいのかと戸惑わせてしまう事になります。

相手に気を使わせない為には、相手との関係性を重視してあまり相場にこだわり過ぎない方がいいでしょう。

電卓

もしも相手が今までお世話になってきた上司などだった場合は、いくらくらいが無難でしょうか。

あまりにも低い予算であれば、相手に失礼になりますので気をつけなくてはなりません。

上司に用意するのであれば、5000円から10000円程度で考えておくといいでしょう。

予算的な面から考えて、あまり高価な物を渡せそうにないと感じるのであれば、1人で準備する必要はありません。

上司などに準備する場合には、部下一人一人が準備するよりも、みんなでお金を出し合って高価な物をプレゼントすることも可能です。

それならば、1人5000円の予算だったとしても、10人合わせて購入すれば50000円準備出来る事になりますので、高価な物を渡すには十分な費用になるともいえます。

両親が退職する場合には、10000円から30000円程度の費用を準備してもいいでしょう。

海外旅行

両親の場合の費用に関しても、兄弟姉妹でお金を出し合っていれば、かなりの費用を準備することも出来るので、両親に海外旅行をプレゼントすることも出来るはずです。

どのくらい準備すればいいかは、相手との関係性や、周囲と足並みをそろえる事を基準に考えておけば、失敗がありません。

会社の同僚や上司の場合には、1人だけ周囲と足並みをそろえていないのはあまり印象が良くありません。

みんなでまとめて渡さないのであれば、周囲にこっそりいくらくらいで準備するのかを聞いてみておくといいでしょう。

現金で渡すわけではありませんので、金額は相手にわかりにくい部分でもありますが、1人だけ明らかにずれていればすぐにわかってしまいます。

気持ちよく退職してもらう為にも、予算の決め方には注意しておきましょう。

古希祝いについて

光り輝く紫

古希祝いは数え年の70歳になると行う長寿のお祝いです。唐の有名な詩人である杜甫の詩が由来になっています。

昔は短命な人も多く、人生70歳まで生きられる人は稀だったことから古希のお祝いをするようになり現在に至ります。

数え年は生まれた年を1歳と考え、元旦になると1歳ずつ年を取るという数え方です。現代の満年齢で計算すると古希は69歳になります。

古希祝いでは還暦と同様に家族や親戚などが集合してお祝いすることが多いです。お祝いの色はになります。

紫は昔から高貴な人が使う色で、そのことが長寿への敬意の表れになっています。

古希を祝う場合は、紫色にこだわって贈る人も多いです。紫には人を癒す力があると言い伝えられているので、紫のポーチなど持ち運びやすいものが好まれます。

メッセージをプレゼントに添えると個人的なお祝いの気持ちが伝わります。

古希のお祝いが終わると、すぐに喜寿のお祝いがあるので高価な贈り物をすると後が大変です。

お返しする方も負担が大きくなるので、気を使わないような軽めのお祝いの方が適しています。

最近は、インターネット上にあるオンラインショップで古希祝いのプレゼントを選ぶ人が増えています。

インターネットを利用すれば、国内外の様々なギフトの中から気に入ったプレゼントを選ぶことができます。

若い人の中には古希祝を知らない人もいます。何を贈ったらよいか迷った場合は花を贈ればお祝いの気持ちが伝わります。

紫のバラ

古希祝いの花には様々な種類がありますが、フラワーショップでは紫色の花を入れてアレンジしてくれます。

予算を伝えれば、予算に合ったフラワーギフトを作ってくれるので便利です。

古希のお祝いに相応しい花のひとつがバラです。バラの花言葉はエレガントや尊敬なので古希にはぴったりです。

70にちなんで70本のバラをプレゼントする人も多いです。バラというとピンクや赤が有名ですが、紫のバラはとても上品です。

胡蝶蘭

胡蝶蘭も根強い人気があります。

胡蝶蘭は開店祝いの贈り物としてよく知られていますが、開店祝いに好まれるのは幸福が飛んでくるという花言葉も理由のひとつです。

胡蝶蘭は1年中作られている花なので、手に入りやすいのも魅力です。長持ちするのでプレゼントした後も長く楽しむことができます。

古希のお祝いを料亭やレストランで祝う家族も多いです。

外食だと和食が人気ですが高齢な人は歯が弱くなっている人も多いため、肉などは避けた方が安心です。

料亭や懐石では長寿のお祝い用にメニューが用意されている店もあり、高齢者でも食べやすいようにメニューの調整をしてくれる店も多いです。

日本は高齢でも元気な人が多くなっていますが、持病を持っている人だと食べられるものと食べられないものがあるので、事前に把握してお店に伝えておく必要があります。

古希のお祝いは贈り物や料理も大切ですが、お祝いをする気持ちが最も大切です。贈り物を手渡すときは、気持ちをメッセージに込めて手渡すと喜ばれます。

退職祝いでアクセサリーを贈るなら

退職

アクセサリーは形として残すことができますので退職祝いの際にも最適です。

また、男性の場合ですと実用的な物を贈られた方が喜ぶ傾向があるため、そういった観点からも使えるプレゼントですと失敗が少ないと言えます。

ただアクセサリーは選ぶセンスも大事です。身につける物ゆえに使いにくい物ですと失敗しやすいです。

選ぶ際のコツとしては、そもそも身につける習慣がある物なのかどうかがポイントになってきます。

例えばネックレスをする習慣がない人ですと、ネックレスを贈られた場合も使用しにくく感じさせてしまう可能性があります。

もしアクセサリー自体を身につけることが少ない人の場合は、比較的使い勝手の良い腕時計や、普段からスーツ姿になる人ならネクタイピンなどのアイテムにシフトして考えるのも良いでしょう。

ブランド

ブランド志向かどうかも踏まえておきたいポイントです。

ファッションには拘りを持つ人も多く、中には名のあるブランドをメインに好む人も少なくありません。

そういった人が相手ですと知名度の低いものですと内心では敬遠されてしまうこともあるのです。

一方では特に拘りを持たない人もいますので、そこはファッションの傾向や人間性などを考慮して選ぶと失敗が少ないと言えます。

アクセサリー選びは年齢に応じて考えることも大切です。

若い人の場合ですとそこまで高価な物ではなくとも良いことが多いですが、年配の人の場合に1万円以下の安い物ですと失礼に思われてしまうこともあるのです。

プレゼントですから贈る側としては気持ちの問題ではあるものの、かたや贈られる側は気にするケースもあります。

年齢を考慮した選び方をすると喜ばれやすくもなりますから、ひとつのポイントとして押さえておいた方が良いでしょう。

大事な記念日となりそうな場合は、単にアクセサリー選びに工夫するだけでなく、ワンポイントプラスしてお祝いをするのもアイデアのひとつです。

工夫を凝らすとそれ自体も相手の喜びに繋がります。

名入れ

例えば名入れをする方法があります。アクセサリーによってはオリジナルで名前や日付などを刻み込むことができますが、それによって特別なプレゼントを演出することができるのです。

単なる物としての喜び以外にも、退職祝いの記念日としての思い出も一緒に刻み込まれます。

名前などを入れる以外にもメッセージなどを入れることも可能ですから、どんなデザインにするのかはセンス次第です。

他にもシチュエーションに拘って渡すのも良いでしょう。プレゼントは贈り方によっても相手の喜びは左右されるものであり、工夫のある渡し方ですと喜ばれやすくなります。

特にサプライズ感のあるシチュエーションでのプレゼントは驚きも相まって喜びが倍増しやすいです。

ただ単に渡すよりも驚きが加わるだけで気持ちも違ってくるはずです。

同時に贈る側としても気持ち良くプレゼントができるようになりますから、どんな風に渡すのがベストなのかも踏まえて考えてみると良いでしょう。

両親の米寿プレゼントに人気があるもの

夫婦

88歳を迎えたら、米寿祝いを行うご家庭が多いでしょう。

これからの人生をより楽しいものにしてほしいとプレゼントを贈る方も多く、どんなものを選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は両親の米寿祝いにおすすめできる人気プレゼントをご紹介していきます。

寿命が延びたとはいえ、88歳まで無事に生きてこられたことは素晴らしいことですから、ぜひ盛大にお祝いしてあげてください。

米寿祝いのプレゼントは他の長寿のお祝いと同程度もしくはそれ以上という価格のものを選ぶ人が多いようです。

特に「八」は末広がりで縁起が良いということから8にちなんだ数字を選択する人もいるのです。

平均予算は、5000円~10000円程度と言われていますが、これも各ご家庭によって異なります。

部屋

米寿祝いに人気のプレゼントは【部屋に飾ることができるもの】か【家でよく利用するもの】が好まれているようです。

この年齢になってくると外での活動よりも家で過ごすことが増えてきますので、家の中で利用できるものや楽しめるものが好まれます。

ただし、あまりにも大きなものは邪魔になることもありますし、部屋に飾る時に大変になってきますのでサイズ感にも注意が必要です。

また、食べ物を贈る場合には飲み込みやすく食べやすいものを選ぶことが大事です。

普段食べているもののワンランク上のものを上げるのもおすすめ。さらに米寿祝いと言えば黄色のちゃんちゃんこです。

還暦祝いの時は赤色のちゃんちゃんこでしたが、米寿になると黄色のものになります。

ちゃんちゃんこを用意する人は少なくなりましたが、敢えてプレゼントしてあげるのも喜ばれるかもしれません。

箸

では実際に皆さんがどんなものを贈っているのでしょうかお話していきます。好まれているのは、夫婦箸です。

今では名前やメッセージを入れてくれるサービスも増えていますから記念として贈る方が増えています。

また、夫婦茶碗や夫婦グラスやマグカップもおすすめです。両親に贈るものですので、普段使用できるものを贈っている方が多いようです。

部屋の中に飾ることができるもので人気なのは似顔絵です。孫がいる場合には孫が描いてくれたものなどはとても喜ばれます。

部屋に飾ることを考えサイズに気を付ければ記念になりますし、毎日目にすることができます。

家族を身近に感じることができるものは喜ばれますので、選ぶ際のポイントにしてください。

中には旅行に連れていく人や食事に連れ出す人などもいるようです。年齢的に外食を積極的にしなくなりますので、お祝いがてら外に連れ出してあげるのも良いでしょう。

どんなプレゼントでもそうですが、大事なのは感謝の気持ちです。

88歳まで健在してくれたことへの感謝をメッセージカードに込めて一緒に贈るとより喜ばれること間違いなしです。

これからも元気で過ごしてもらえるように家族が揃って盛大にお祝いしてあげることが何よりも大事です。

 

おすすめの関連記事→両親への米寿祝いの人気プレゼント

上司の傘寿祝いに送りたいプレゼント5選

上司

大切な上司の傘寿祝いに相手の記憶に残る素敵なプレゼントを贈りたいと思われる方は多くおられますので、人気の高いプレゼントを5つ選んでご紹介します。

まず1つ目は、お花のプレゼントです。

お花は特に女性に喜ばれており、男性の方でもご家族と一緒に見て楽しむことが出来るために人気が高い贈り物です。

生け花のアレンジメントや流行のブリザードフラワーならその後のお手入れも簡単なので、贈った相手の方に負担をかけず、長く楽しんでもらうことができます。

華やかなお花は見ているだけでぱっと明るい気持ちになれるでしょう。

2つ目は上司の趣味に関係する贈り物です。

ゴルフなどのスポーツ用品や手芸キットといった上司の好きな趣味に関連する品物を選んで差し上げることで、相手を大切に思っているという気遣いも伝わり喜んで使ってもらうことが出来ます。

ワイングラス

3つ目は食器類です。

お酒が好きな方にはこだわりのある切子細工のグラス、ワインに精通されている方にはワイングラス、紅茶やコーヒーを嗜まれる方にはティーカップセットなど贈る相手の状況に合わせて品物を選ばれると良いでしょう。

どの品を選んで良いか迷った場合に一番間違いがない品物は湯呑みです。

日本茶やほうじ茶はどんな方でも飲まれる機会があるので贈った湯呑みを使っていただける機会も多くなります。

4つ目は上品で使い勝手の良いタオル類になります。

愛媛県の今治市で作られているタオルやメイドインジャパンの品物はどんな年代の方にも支持されており、使用する機会も日常的にあるので重宝するという意見があります。

タオルケットや枕カバーといった寝具周りのリネン類も喜ばれるでしょう。

肉

最後の5つ目はお茶やお酒、そして高級なお肉などの食品です。

その方が好きなものを選ぶことで食べて頂ける機会もありますし、お祝いの席に添えて出せそうなオードブルを選んでみるのも一つの方法です。

日持ちのするものでなくても、好きなものであれば喜ばれます。どの贈り物も共通して言えることは、相手の好みに合わせるという事です。

また傘寿を迎える年齢になると形に残るものよりも消耗品のほうが負担を感じないという声が多いため、普段から使えそうなものを選ぶということも一つのポイントとなります。

傘寿の文句やお名前を入れて贈ることができるサービスもあるので、プレゼントにしたいものが決まったら、インターネットや店舗で名入れをできないか見てみることもお勧めします。

特別感が増すので相手の気持ちも盛り上がる事でしょう。プレゼントは手渡しをすることが一番良いのですが、上司の方の体調を考慮して郵送をするという手段もあります。

その際には電話をかけてお祝いのご挨拶を欠かさずにすることも大切です。傘寿を忘れずにプレゼントをもらえたということが上司の方にとって一番嬉しく思う瞬間かもしれません。

相手の方を想像して、一番喜ばれる贈り物が何か考えてみられると良いでしょう。

 

プレゼント選びの参考記事→傘寿祝いのプレゼントはどんな基準で選べばよいか

77歳の男性に喜ばれるプレゼントの選び方

プレゼント

長寿のお祝いは60歳の還暦から始まることになり、77歳になると喜寿と呼ばれるお祝いが待っています。

還暦の場合、今日では65歳が定年という企業も多くあるので、定年退職をせずにそのまま働き続けて職場の人から還暦のお祝いやプレゼントをもらうこともありますが、77歳の喜寿にもなると仕事を辞めてからしばらくたっているという人も多く、子供や孫など身内でお祝いをするということがメインとなってきます。

他にも、お祝いで贈られる商品も60歳と77歳では生活スタイルが大きく変わっていることになるので、相手のことを考えると選ぶべきものが違ってきます。

77歳になると、還暦の頃に比べて何かしら病気を抱えている人も多くなる年齢となります。

そのために、相手が好きなものであってもその商品が原因となって相手の体調を悪化させてしまう可能性もあるので、健康に良いものを選ぶことは欠かせません。

お医者さん

男性の場合には、お祝いの品としてお酒が選ばれることも多いのですが、お酒が好きだという人であっても糖質が高いことになるので、糖質制限を病院の先生から指摘されている人や糖尿病を持っている人に贈ることは向いていません。

また、嗜好品ではなく食事にもなるような食べ物を贈るという場合でも、糖質の他にも塩分や脂質にも気を付けなければならないこともあります。

肉類よりも魚介類を選んでみたり、常温で添加物がたくさん入っているような加工品よりも冷凍品を選んでみるなど、ちょっとした気遣いをもって選んでみるといいでしょう。

また、高齢の夫婦2人で暮らしているのか、男性一人で暮らしているのか、子供夫婦や孫とも一緒に暮らしているのかによっても選ぶべき大きさや1パック当たりの量も違います。

男性の一人暮らしであれば、料理をするにも手間がかからないものが向いており、加熱するだけなどの手軽な調理済み商品がぴったりです。

喜寿のお祝いは、誕生日のその日に会ってプレゼントを渡しつつおめでとうの気持ちを伝えることがベストなお祝いの方法かもしれません。

食事

特別な物としてのプレゼントがなくても、みんなで食事をしたということだけでも立派な喜寿のプレゼントとなります。

しかし、離れて暮らしている人になると当日には仕事で会いに行けないということもあるものです。

そんな時でも、宅配便を利用すれば自分で持って行かなくても届けてもらうことができるので、喜寿となったその日にプレゼントを渡せることになります。

どんなものであってもプレゼントをもらうということは嬉しいものですが、相手に喜ばれるようなアイテムを選ぶことは欠かせません。

また、相手が好きなものであっても健康を考えたアイテム選びが必要になります。

喫煙の習慣がある男性となると、一日に何度も煙草を吸うことにもなるので、ライターや灰皿などのアイテムは使ってもらえるチャンスが多くありますが、長寿のお祝いでもあることからこれからもずっと長生きをしてもらいたいという気持ちを込めるとなるとふさわしくないということを理解しておかなければなりません。

 

男性向けおすすめ記事→喜寿のお祝い用プレゼントの選び方|男性編

両親の還暦のお祝いにピッタリなプレゼントとは?

還暦

60歳の誕生日のことを還暦と言います。還暦は人生の節目として、ご家庭や職場、また仲間内でお祝いされることも多いかと思います。

もちろん、両親が還暦を迎えた時には何かお祝いをしたい、プレゼントを贈りたいと考える子供世代も多い事でしょう。

還暦と聞くと、一昔前であったら人生60年と言われていた時代だったので、高齢者のおじいさん、おばあさんのイメージが強かったものです。

しかしながら、現在の日本は世界有数の長寿国にも成長し60歳はまだまだ元気な世代となってきました。

そんな両親へのプレゼントは、何が良いのか悩むものです。

食事

まず、思いつくのは家族が集まっての食事会でしょう。

ちょうど両親が還暦を迎える頃の子供世代は、自分の子育ての真っ最中であったり、仕事で責任ある立場に立っている世代となることが多いです。

そうなると、時間的にも費用的にも余裕がないことも考えられます。そんな時には、多額の費用もかからず、時間的な拘束も少ない家族でのお食事会、というのはおすすめです。

遠方に暮らしている人達であれば、帰省の時期に合わせて設定しても良いでしょう。両親も子供や孫の顔も見れて喜んでくれることでしょう。

また、少し余裕がある場合は、食事会を旅行にしても良いかもしれません。その場合には、参加すべき人が集まれる日程を組むように計画しましょう。

温泉

長期の旅行となると、両親も疲れてしまうかもしれませんので、1泊2日の温泉旅行ぐらいがちょうど良いでしょう。

温泉であれば、日頃の疲れも癒すことも出来ますし、女性陣は衣食住の心配もいらないので母親にも喜ばれることでしょう。

温泉施設では、還暦プランを用意してくれているところもあります。事前に連絡しておけば、赤いちゃんちゃんこ、お祝いのケーキ、お赤飯、記念撮影等のサービスをしてくれることもあります。

一生の思い出として、このような旅を企画するのも楽しいものです。

また、ご両親だけでの旅行をプレゼントするのも人気です。その場合は、お二人の希望を聞いてアレンジをすると良いでしょう。

旅慣れていて、二人で行き先やスケジュールを決めたいような方たちには旅行券をプレゼントして行き先を決めるところから楽しんでもらうのも良いでしょう。

逆に、プランを決めるのは苦手だけど行ってみたいなと思っておられるような場合は、しっかりとご希望を聞いて申し込みを行ってあげればより親切でしょう。

若い頃は仕事に追われてゆっくりとした時間を持てなかったかもしれないお二人に、新婚時代のように仲良く旅に出ていただければ、子供としても嬉しいものです。

リフォーム

更には、これから先を快適に暮らしていくためにリフォームを検討される世代でもあるので、そのリフォーム費用をプレゼントするというのも現代的なプレゼントの一つです。

トイレやお風呂、キッチンを新調するだけでも雰囲気も変わりますし、二人暮らしになって余っている部屋があるようなら、その空間を有効利用できるような部屋のリフォームでも良いでしょう。

これから先も元気に暮らしてもらう日々の空間を贈るというのもお祝いにピッタリかもしれません。

 

家族の食事会におすすめの記事→還暦祝いで久しぶりに親戚中が集まってみては?メリットやお祝いの方法